総務財政委員会 1月, 2019年 〜 住民税の減税を進めます!

4月の大田区長選挙に出馬表明した岡 高志でございます。

引き続き任期の最後まで大田区議会議員を務めます。所属する総務財政委員会は、大田区経営の中心的な課題を所管しますので、有意義に議論を深めております。この日の総務財政委員会は、月例の報告をうかがって議論します。

報告は6件

大田区公民連携基本指針(案)
11月の委員会で報告された公民連携基本指針が、パブリックコメントを経て修正されました。
今までの民間委託や指定管理の経緯も記載することとなりました。
(パブリックコメントで変わるのです!)
どうせならば、指定管理などでどのように民間のノウハウが活用されて住民サービスが改善されたのか示すべきだ!
と私は質問しました。
残念ながら整理された答弁にならないので、例えば、ほぼ全館指定管理の区立図書館が図書館のプロによって附帯サービスが充実してるとか、示すべしと提起しました。
平成30年度予算 耐震診断結果
大田区の公共施設は基本的に耐震補強済です。
一部、規模が小さいため耐震診断をしていなかったり、CTuSD値が基準値を下回っていたため、耐震診断が実施されました。

数値が基準を下回った建物については、対応を行なっていきます。

人材育成基本方針の改訂
今後、区役所の退職者が増加して、ベテラン職員の知識・技術の承継が課題。
なので、人材育成基本方針を改定しました。

と言う割には、どうやってベテラン職員の知識・技術の承継をするのか具体的に書かれていない。現場のOJT対応程度のことなので、人材育成基本方針というほどの文書ではありません。

ベテラン職員の知識・技術の承継を具体的にどう進めるのか示すべしと苦言を呈しました。

ベテラン職員が自分の知識・技術なるものを棚卸しする作業をしてくれればいいと思いますけど、どうでしょう?

工事請負契約
南前堀整備工事その4
相手方
京浜港湾工事株式会社
契約金額(税抜)
78,920,000円
不落随契
(仮称)大田区多摩川清掃事務所新築電機設備工事
相手方
永岡電設株式会社
契約金額(税抜)
72,000,000円
落札率
84.31%
平成30年度大田区税務概要
大田区長選挙に向けた政策として
住民税の20%減税をかかげています。
すでに、議員の皆様にも話題となりまして好評いただいております。

税がテーマなので減税について以下のように質疑しました。

Q. 特別区民税(住民税)の減税は可能なのか?

A. 地方税法により標準税率が定められている。

Q. 標準税率を下回る特別区民税を定めることは可能か?

A. 議会の承認があれば特別区民税の税率は変えることが出来る。

ご当地ナンバープレートの一部変更
大田区にも原付のご当地ナンバープレートがありまして
この3年間の発行分5,600件の半数が選択されたそうです。

今回、ボブスレーのイラストが無くなり、ゆるキャラはねぴょんが入りました。
2月1日から配布されます。

●次回は、定例会中の2月22日 10時〜