オープンデータを活かした交通渋滞の解消について

こんにちは。大田区議会議員 岡 高志です。

オープンデータを活かして一般道の渋滞解消をしよう

大田区で渋滞が特に発生している2路線①都道・環状7号線、②都道・中原街道について、オープンデータを活かして渋滞解消を検討してみたい。
①都道・環状7号線は、港湾部への大型車の移動のために渋滞が発生している。死亡事故はじめ人身事故も多く発生しており、なんらかの対応が必要な区間である。
②都道・中原街道は、西側に多くの高層住宅が開発されて人口が増加した川崎市武蔵小杉がある。近年、渋滞が悪化傾向にあり、早期の対応が求められる。

必要なデータ

・道路の制限速度に対する実際の運行速度
カーナビゲーションを運営する企業が区間ごとの運行速度データを保有している。ナビタイムジャパン、アルパインなど。ちなみにアルパインの本社は中原街道沿の雪谷大塚にある。

・交通事故発生状況
警視庁が事故発生状況マップとして提供しているが、データソースをオープンにしていない。

データ分析により得られること

データ分析により得られること
道路の制限速度に対する実際の運行速度データによって、渋滞の時間・区間を分析することができ、リバーシブルレーンの導入や迂回ルートへの誘導といったソフトな渋滞解消手法が検討できる。また、短期間でその効果も検証できるため、政策評価も容易である。

交通事故発生状況もGISデータで取得できると、渋滞情報と合わせて比較検証できるので、渋滞解消に取り組む道路の優先度を示すことができる。

すでにGoogle Mapにおいては、リアルタイムの渋滞情報だけでなく、過去のデータから「曜日と時刻別の交通状況」が可視化できるようになっていて、説得力がある。Google Mapのレベルでも、道路管理者は主導的に慢性的な渋滞箇所を抽出して対応することが可能であろう。

リバーシブルレーン

ソフトな渋滞解消策のひとつとしてリバーシブルレーンを取り上げている。リバーシブルレーンについては、東京都で実施例はあるが、それぞれ区間は短い。最も長い路線は、中原街道(品川区)である。中原街道(大田区)へ延長することがひとつの解決策と考えられる。
区間ごとの道路の制限速度に対する実際の運行速度データを精緻な分析をしたならば、リバーシブルレーンは長く設定できるのではないか。リバーシブルレーンを採用することに消極的な理由の1つが事故発生ともいわれるので、交通事故発生状況も合わせて、リバーシブルレーン採用後の効果測定の要素にできる。
近年の交通関連データが精緻に蓄積されてきたことで、古くからあったリバーシブルレーンが渋滞解消策として活用が見込まれるのではないでしょうか。