中高生ひろば羽田オープン in 羽田地域力推進センター

こんにちは。大田区議会議員 岡 高志です。

先日、羽田地域力推進センターがオープンしましたので、見学に行ってまいりました。

地域力推進センター って?

区役所の特別出張所を中心とした複合型公共施設とご理解ください。出張所を建て替えるのに合わせて、地域的な公共施設を同居させた建物にしています。会議室や集会室などは共用できる。そんな当たり前のことを受け止めて、タテ割りを排した公共施設整備が大田区でも進んでいます。

羽田地域力推進センター外観
ちなみに、前面のバス通りは電線地中化の計画があります。

1階には、特別出張所があります。住民票が取得できます。今や、マイナンバーカードがあれば、コンビニで手軽に住民票など取得できます。電子申請もあるし、特別出張所の機能も縮小していくでしょう。ほかに、地域活動支援も、特別出張所の役割ではあります。

2階は、高齢者のひろば。地域包括支援センターとシニアステーション。介護保険課の所管する地域包括支援センターと、高齢福祉課所管の老人いこいの家が機能変化した形のシニアステーション。どちらの課も福祉部という点では、たいしてタテ割りではないのだけど、高齢者のための場所としてうまく機能的な複合化をはかっています。本来的には、特別出張所が担う地域活動支援も果たしているともいえます。

3階が、中高生ひろばと文化センター
中高生の居場所(自習室)と
バンド活動のできる音楽スタジオがあります。ドラムセットとキーボードが利用できます。
使用料は、2時間で部屋代300円/楽器代700円の1,000円。5人で割れば200円で音を楽しめます。
※ 中高生料金

ドラムセット!初めてさわりました!

小学生には児童館があるけど、中高生には居場所がないじゃん!?という世論を受けての中高生ひろば。いままで存在しなかったタイプの公共施設だけに需要があるのかわからないけど、若者の活動を応援したいものです。バンド活動だけでなく、ダンスなども文化センターの部屋を借りればできます。スタッフも常駐してますから、どんな応援をしてもらえるのか相談してね。

運営側では、中高生に認識してもらって来場してもらうべく様々イベントも開催してます。
詳しくは公式サイト https://ota-haneda-hiroba.jp

4階は会議室です。