大田区の児童相談所開設計画 〜 品川児童相談所からの移管を求める

こんにちは。
大田区議会議員 岡 高志です。

児童虐待防止に向けた 児童相談所の機能強化について、大田区の現状をお示しします。

2016年5月に改正児童福祉法が成立し、特別区においても児童相談所を設置できることとなりました。
大田区でも、改正児童福祉法の施行後5年(2022年)を目途とし、区が運営・管理する児童相談所の整備をめざします。
児童相談所の設置にあたっては、一時保護所を含めた施設整備や、児童福祉司等の専門的人材の確保・育成など、様々な課題を解決し、十分に対応できる体制を整備することが急務となります。

さて、今年3月に、大田区児童相談所の基本構想・基本計画が策定されています。
現状の区の子ども家庭支援センターの虐待対応部門とともに、一時保護所を含めて児童相談所が設置されます。

児童福祉に携わる方の意見を聞かせていただけると有り難いです。



建物レイアウト

大田区 児童相談所

大田区 児童相談所

大田区 児童相談所

大田区 児童相談所

概算工事費用
想定延べ床面積 4,000平米
想定工事坪単価 115万円
総額 13.5億円

立地
大森西の特別出張所移転後の跡地に建設されます。
詳しくは、こちら

児童福祉に関わる専門的人材の確保・育成は大きな課題。
ハードを整えても、ソフトが追いつかず、児童虐待に十分対応できなかった…
なんてことになってはなりません。

現在の計画では、都の児童相談所(大田区では品川児童相談所)と併立したままです。
品川児童相談所から人材などを、新しくできる大田区児童相談所へ移管するべきです。

東京都の人材・ノウハウが区に移管されるなど、東京都および23区での協議が必要です。