大田区議会 臨時会, 2018年

臨時議会がこの日だけ開催されました。
1年に1度議会の役職などを変更することを主目的に開催されます。
あわせていくつかの議案が区長から提出されますので、議案、人事の両方を議決するわけです。

議案は9件

補正予算
羽田空港跡地第一ゾーンの6.9haを国から譲り受ける対価 約165億円を承認するもの。
大田区の所有地の上に鹿島建設を中心とした企業グループが産業交流施設を開発します。

国からは時価での売却とのことで、当初の計画であった低廉譲渡は実現しませんでした。
約165億円という金額は、企業グループから受領する借地料の総額よりは低く設定されており、妥当な範囲。

土地の上に出来上がる施設がどこまで大田区の魅力向上につながっていくかがこれからの課題。

賛成多数で可決
共産、奈須のみ反対

職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
法改正を受けた文言改正。

全会一致で可決

大田スタジアム施設改修工事請負契約
相手方 北信・鏑谷・拓栄建設工事共同企業体
金額 25億992万円

賛成多数で可決
奈須のみ反対

大田スタジアム施設改修電気設備工事請負契約
相手方 永岡・城南・アイユー建設工事共同企業体
金額 5億6,376万円

賛成多数で可決
奈須のみ反対

仮称大田区立平和島ユースセンター増築及び大規模改修工事請負契約
相手方 醍醐・湯建・横山建設工事共同企業体
金額 12億4,200万円

賛成多数で可決
奈須のみ反対

仮称大田区立平和島ユースセンター増築及び大規模改修電気設備工事請負契約
相手方 福島・ミツル建設工事共同企業体
金額 2億260万8,000円

賛成多数で可決
奈須のみ反対

仮称大田区立平和島ユースセンター増築及び大規模改修機械設備工事請負契約
相手方 日産・エバジツ建設工事共同企業体
金額 3億1,968万円

賛成多数で可決
奈須のみ反対

大田区指定地域密着型サービスの事業の人員、設備、運営等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例
全会一致で可決
大田区旅館業法施行条例の一部を改正する条例
旅館業法の改正に伴う、条例改正

賛成多数で可決
共産、奈須のみ反対

大田区議会委員会条例の一部を改正する条例
従前の都市整備委員会の所管に環境分野も追加して、まちづくり環境委員会に変更するもの。

全会一致で可決

人事。 ある種のクラス替えと学級委員長の選挙

議会の役職は
議長が自民党の大森昭彦議員から岸田哲治議員に交代
副議長が公明党の岡元由美議員から勝亦聡議員に交代

議員選出監査委員は、自民党の松原茂登樹議員から伊藤和弘議員に、公明党の大橋武司議員から田村英樹議員に交代

私の新しい所属委員会は、
 総務財政委員会
 防災安全対策特別委員会

防災安全対策特別委員会では、委員間の投票により委員長に就任しました。
区民の皆様の関心度の高い防災・防犯の分野の議論を担う議論をリードする立場ということでしっかり頑張ってまいります。

この日の臨時会は、午後1時に始まり、夜10時過ぎまで続きました。
途中の委員会の議事速記録作成には、リアルタイム文字通訳 e-ミミも使用してスピードアップしたものの
文言確認に時間がかかりました。
引き続き議会運営のスピードアップは検討してまいります。