高齢者デイサービス 視察 〜 正和クラブ千束

インターンの学生を連れて、3月12日にデイサービス施設(通所介護) 正和クラブ 千束 さんを視察しました。

以下、学生のコメントで紹介させていただきます。

この施設には要介護度2以上の方々がいらっしゃっていました。また、その中には認知症の方が3割いらっしゃいました。

一日の流れは、10時から~11時の間にお迎えに行きます。到着した方でその日お風呂に入る予定の方は順番にお風呂に入ります。
11時から12時までは、まず初めにその日一日やることをそれぞれ自由に選んで決めるホームルームのようなものが行われます。その後は椅子に座って、体操や声出しをします。
12時頃からお昼ごはんを食べます。ご飯は業者に委託して、施設内で作られています。ペースト状にするなどしなければご飯を食べられない方もいらっしゃるので、それぞれに合わせた食事が作られお盆ごとに名前がつけられ、利用者の方のもとに運ばれます。お食事の介護が必要な方が4名ほどいらっしゃるそうです。
お昼の後は、途中におやつ休憩をはさみながら、ドラマ観賞や手工芸、お雛様の片づけ、カラオケなどがありました。
基本的には17時までで、17時~18時の間に帰宅します。

スタッフの方は50代の主婦の方が多いそうです。
利用者の方の平均年齢は86歳で、90歳以上の方が2割いらっしゃるそうです。

施設内の構造は、一回がお食事と運動をするスペース。二階がお風呂と調理場と多目的ホールと事務所でした。

朝は全員で体操などをし、午後もグループに分かれるなどするものの、利用者の方同士が一緒に過ごす時間が多いことが予想と違い、良いところだと感じました。

デイサービスなどの高齢者の方の施設はこれからより需要が伸びると思うので、利用者の方が安心して利用でき、働く方々も心地よく働くことができる環境づくりが大切だと思いました。

丁寧にご説明いただいた施設長さんをはじめとしたスタッフのみなさまに御礼申しあげます。