羽田空港エリア視察

松原仁 国土交通副大臣の羽田空港跡地視察にあわせて、
松原忠義 大田区長ほか東京都・大田区の幹部、そして、都議会、区議会の民主党会派のみなさんで同行視察してまいりました。
羽田空港跡地も含まれる 東京都のアジアヘッドクォーター特区が 国の国際戦略総合特区に検討されている段階なので、国土交通省の方々にも、趣旨を理解していただくものです。
● 大田区が検討する羽田空港跡地開発の説明
羽田空港の沖合拡張にともない生じる土地をもともと住民が住んでいた大田区が取得するもの。
image-20111222171029.png
黄色い範囲 第1ゾーンが大田区が取得する部分。
公共性の高い利用が原則であるため、大田区は産業交流施設を中心に検討しています。
土地取得費用を除いて、200億円を超える開発案件になるので、議会としては慎重に考えなければなりません。
あわせて、
●羽田空港船着場
●大田区が計画している海老取川の防災船着場
●環状八号線切替工事
を視察しました。

羽田空港へのアクセスが少し改善されます。