2018年も宜しくお願いいたします 〜 区議会だより元日号より

大田区議会議員 岡 高志でございます。
明けましておめでとうございます。
2018年も宜しくお願いいたします。

元日の区議会だよりにて私の前回の議会質問を紹介しております。
代表質問でしたので、表紙をめくった3面に見出しや写真付きで大きく掲載されています。
是非ご覧ください。

● 議会だより記事ができるまで

質問時間にぎっちり盛り込んだ質問を所定の記事枠に圧縮して要約しています。
数えましたら、約13000字が990字の記事になってまして、約13分の1に圧縮されてます。
その要約作業は、議員本人がやりますので、自分が特に伝えたいこと、意味のある答弁を残します。
今回の代表質問は、松原区長の答弁があまりにも期待はずれでしたので、
答弁としての誠意の無さを表現した記事に構成しました。

区長が答える質問だということで、こちらも気をつかって事前に質問の詳細を伝えて事前調整しているだけに、残念極まりない。

私の解説とともに区議会だよりをご一読ください。

● 議員本人と読む議会だより

  1. 問)松原区政の総括〜区長はどのような政策誘導をしていくのか?
  2. 松原区政の総括を問うとして、今年のノーベル経済学賞で行動経済学者のリチャード・セイラー先生の言葉を借りて、
    区長の”ナッジ”は何か?
    区長がどのように区民を導いてきており、これからはどの様に考えているのか?
    と問うたら、
    国民健康保険事業におけるジェネリック医薬品への切り替え誘導であると真顔で答えられました。

    ”松原区政の総括”を問われてのその細かい論点には絶句!

    ”していくのか?”を将来を問われて、今までやって事を答えるのは、国語のテストの答案では 0点 !

  3. 問)福祉部の指導監査担当
  4. 私は、かねてから、福祉分野で事業者の非効率経営の是正を求めています。
    この年度から指導監査担当課長が設置されていることの意義を確認した質問をしました。

  5. 問)赤松小学校改築工事の入札
  6. 区立赤松小学校改築工事のプロポーザル入札が始まっています。
    まともな価格競争にならず、東急建設のような特定の工事業者が落札してしまう
    “出来レース”な入札となっているとの懸念を区議会だよりという公式広報に詳細に記載しました。

    噛み合ってない記事の問答を読めば、
    区長は答弁を完全にスルーした
    ことがわかりますよね。

  7. 問)新空港線 蒲蒲線
  8. 大田区長年の課題で、区民の関心も高い新空港線 蒲蒲線

    大田区の税投入に対して、新空港線が大田区にもたらす便益がペイするのかは極めて重要ですので、その点を質問しました。

    なんと
    区長答弁は、
    “示すことは困難”

    とのことでした。

    持っている情報を示せないってなんだ!?

    そんな私の憤りを区民の皆さんとシェアしたくて、区議会だよりの記事にしました。

  9. 問)路上喫煙禁止地区
  10. 大田区の路上喫煙禁止地区が他自治体と比較して著しく狭い、路上喫煙規制が著しく緩い。
    そうした事実を提示して、
    彼我の違いはなんでしょうか?
    と問うたら、

    ”違いはなんでしょうか?”と他との違いを問われて、自分の取り組みだけを答えるのも、国語のテストの答案では 0点 !

    またも
    区長は答弁をスルーしました。

    やはり、大田区ではタバコ関連業界が政治的に強いのでしょうか。
    いずれにせよ、真摯に答えない姿勢はどうかなと強く感じた次第です。

  11. 問)ギャンブル依存症対策の担当課設置
  12. 私が進めてきたギャンブル依存症対策の活動をアピール。
    自治体レベルでも担当課の設置は有意義だと思います。
    これは、会話としては噛み合っていたので、安堵します。

  13. 問)パチンコ店出店規制
  14. パチンコ店出店規制に区長は興味はあるか?
    と問うたのですが、
    パチンコ店営業が合法であることを強調する答弁でした。

    区長が、パチンコ店出店規制に興味あります!
    なんて言ったら、パチンコ店出店規制が実現してしまうので、
    ここはごまかす答弁かと思いきや、
    パチンコ業界に保護的なスタンスを必要以上に強く示される結果になりました。

  15. 問)学校事故報告書
  16. 細かい論点です。
    なるほどな〜程度にご覧ください。

  17. 問)シェアリングエコノミー
  18. 最後の2問は、シェアリングエコノミー(公民連携)についての
    自分の提言を主張したものです。

    期待以上に前向きな答弁をいただきました。

● まとめ、そして、今年の抱負

議会での質問を通じて、私が進めたいことは進めれるけれども、
区長が受け入れないものは無理。
当たり前といえば当たり前なところに行き着きます。

でも、
受け入れない区長がおかしいでしょ!
という論点を打破していきますよ。

2018年はより力強く区政改革に取り組みます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

区議会だより表紙

岡高志_質問・答弁