オリンピック・パラリンピック観光推進特別委員会 10月, 2017年

オリンピック・パラリンピック観光推進特別委員会
月例報告を受けます。

所管事務報告 6件

国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田の実施報告

9月30日に羽田空港旧整備場地区にて行われたイベント
会場規模が小さかったこともあって、来場者数は、前年比8,000人減の28,000人
うち区民は 79%
諸外国の大使館ブース含めて、合計106団体が出展されました。

産業観光受入環境整備事業の再募集

平成25年にスタートした産業観光受入環境整備の補助事業。
今年度はまだ申込が1件なので、再募集します。

補助金で工場見学の観光客のための備品を整備します。
パンフレット、ヘルメット、案内板、ものづくり体験材料など。

会社によっては、年間150回の工場見学を実施してるとのことで、産業観光受入環境が整備はされているようです。
観光課で、もっと、産業観光の受け入れができることをアピールすべきと主張しました。

平成29年度「国際都市おおた」シンポジウムの開催

平成22年度から開催している「国際都市おおた」シンポジウム

今年は、12月12日(火)18:30〜20:30
大田区民ホール アプリコにて、
モーリー・ロバートソン氏をキースピーカーとしてお招きします。

第34回大田区区民スポーツまつりの実施結果

10月9日の体育の日に大田区区民スポーツまつりが区内各地で開催されました。

こうしたイベントの開催は、区民がスポーツに親しむきっかけ作りになるようです。

ただ、会場が分散してアクセスが難しいことが課題に挙げられています。

特に、ふるさとの浜辺の水辺スポーツ広場に象徴されるように、臨海部にスポーツ施設が充実しているのが、大田区の特徴です。

山側の調布エリアにそうした環境は不足しています。

多摩川駅前のせせらぎ公園にスポーツ施設を整備する予定であるが、
その際には、区民がスポーツに親しむきっかけづくりの場となるように計画してほしいと主張しました。

平成29年度ホッケー・パラリンピック競技普及啓発事業中間報告

大井ふ頭中央海浜公園に品川区と大田区にまたがる形でオリンピックのホッケー競技が開催されます。
そこで、地元区として、機運醸成のためにホッケー競技の普及啓発に取り組んでいます。
主には、体験教室ですが、参加者が多くはないことが課題です。

平成29年度トップアスリート等派遣事業中間報告

次回は、11月15日の開催です。