予算特別委員会質疑 2012.3.21 都市整備費

予算特別委員会 都市整備 についての私の質疑内容をアップします。



来年度制定に向けて検討している景観条例に関連して

先日出席した景観シンポジウムでの話を聞きまして
大田区ならではの景観づくりが必要である。すなわち、その土地にもともとある良さを生かした景観づくりが求められる。
その際に使われた緑被分布図がまさに大田区の特色を表している。

北部 台地部は 緑が多い。さらに、湧水が多く、緑と水の豊かな地域。

南部 平地部は 海、多摩川、呑川、内川と潤いのある水辺空間。

大田区をひとまとめにするのは難しい。
あまり細分化するのは大田区の景観づくりとして適切ではない。

緑多い大きな森の大森区
水辺の蒲田区
そうした視点での景観づくりをやっていただきたい。

特に、洗足池は緑と水と桜、そして、歴史があります。
勝海舟のお墓があります。
この勝海舟は江戸城の無血開城を主導した人物、内戦を早期に終結させたことで、日本がイギリスやフランスなどから攻め込まれる危機を未然に防いだ。また、江戸城に血が流れなかったことで、天皇の京都から東京への遷都も実現できたわけで、今の東京、そして日本の繁栄を築いた立役者といえます。

私が、京都から東京に上京した当初、吉祥寺の近くに住んでおりました。
吉祥寺は井の頭公園があり東京でも「住みたいまち」の上位にランクされますが、洗足池もそれに劣らぬ魅力がある。
なのに、今ひとつ知名度がない。

大田区で、この勝海舟のお墓の隣地を購入を計画している。シナジーがあるいい取引だと思う。
とはいえ、耐震診断などの十分な建物調査をしていない。
【Q】適正な価格での土地および建物の購入といえますか?

建物を維持するのであれば、耐震改修コストとして5千万円から1億円は費用負担がある。
【Q】建物取引額がゼロでも、土地価格からコストを控除するべきと考えるが、そのような交渉は出来なかったのか?

財政が厳しくマイナスシーリングがかかってる状況ですから、1千万円でも安く購入していただきたい。

【Q】購入後の土地の利用計画はどうか?

勝海舟との関連性を武器にした「勝海舟ミュージアム」として、アトラクティブな施設にすれば、いろんなタイミングで東京の人に洗足池の魅力をアピールできます。
洗足池の知名度を高めて「住みたいまち」に選ばれるようになってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です