交通問題対策特別委員会 10月 2014年

10月の交通問題対策特別委員会

●まずは、前回の保留答弁から


その時の委員会で明確な回答が無い場合、次回に資料などを求めます。

蒲田=羽田空港シャトルバス輸送人員


平成25年度と平成24年度との比較で
年間輸送人員は 552,487人 ← 519,781人  6.3%の増加。 
バス1台当たり輸送人員  21人 ← 19人  

損益分岐点はクリアされているものと思われるので、増便を要望しました。

現状は、1時間に2本。 もっと増えると交通手段としての認知が高まります。

●報告は12件


たくさんありますので、詳細は十分に記載できません。
ご質問ありましたら、お知らせください…

平成26年度 大田区 新空港線(蒲蒲線)整備促進区民協議会の開催

平成27年1月19日 10時~12時
産業プラザPioにて

第6回交通政策審議会陸上交通分科会鉄道部会 東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会

9/17に開催された国の会議の議事録が報告されました。

今のところ、空港アクセス新線として5つの案がありまして、
優先して整備する路線について議論されているところ、
今年度中に、中間とりまとめが報告されます。

大田区民悲願の新空港線「蒲蒲線」は劣勢に立たされているところ、
区としては、2020東京オリンピックに間に合わずとも、がんばって進めていくとの覚悟が表明されています。

2020東京オリンピックに間に合わなくても。。。などと言わずに優先整備路線になるようにがんばってくださいと申し上げました。そうしなければ、区単体の負担分が増えてしまうかもしれません。

さらに、JR東日本の新線などが先に整備されてしまえば、
渋谷・新宿への時間短縮になるので需要があるとしていましたから、
当初の需要予測も修正しなければならなくなるでしょう。

中央新幹線の工事実施計画および事業説明会の開催

JR東海のリニア中央新幹線の工事が認可されています。
総工費5兆円を超える超大型プロジェクトが本当にスタートするのかと感慨を持ちます。

工事完成は平成39年
完成の暁には、最高時速 505kmで名古屋と品川を40分でリニアモーターカーが走ります。

走行区間の86%は地下、
そんなモグラみたいな列車が現実のものとなります。

工事説明会はこれからはじまります。

大田区では 12/1 19時~ 下丸子区民プラザにて開催されます。

他に、非常口が予定されている東雪谷1丁目の自治会向けに説明会が予定されます。(詳細未定)

産業プラザ横自転車駐車場の拡張及び有料化

合計702台の自転車駐車場が設置されます

産業プラザ周辺 放置自転車等の撤去場所の拡大

一方で周辺は自転車放置禁止区域に指定されます。

平成26年秋の大田区交通安全運動の実施結果

平成26年度上半期 たまちゃんバス輸送実績報告

平成21年10月から運行開始した大田区初のコミュニティバス「たまちゃんバス」のここ2年半の輸送実績が報告されました。

認知度も高まってきたことによって、利用人員が伸びています。
また、今年度から矢口3丁目バス停を新設したことでその分利用者も増加したそうです。

一方で、バス停新設 → ルート延伸 → 便数減少 によって、
(バス1台で回さなければいけないのです。)
損益分岐点が上昇しています。
1台当たり 15人で収支トントンだったのが、 
1台当たり 17人となりました。

平成25年度上半期実績で 1台当たり 7.0人
平成26年度上半期実績で 1台当たり 8.6人

1台当たりの乗車人数は着実に増加しましたが、
損益分岐点も上昇しています。
損益分岐点の半分に利用者が届いていない状況はそのままで、
「たまちゃんバス」の赤字体質は変えられそうにありません。

平成26年度 高齢者交通安全体験教室の開催

11/5 13:30~15:30
産業プラザPio にて
高齢者200名が参加予定。

多摩川線における踏切遮断かんの上昇時の列車踏切進入の経緯

10/14 朝5:15に、西蒲田7丁目 矢口渡6号踏切を多摩川線の蒲田行き始発電車が走行中に踏切遮断かんが上がっていた問題。

幸いに事故は発生していません。

レールにサビがあったため、電車が踏切を通過したものと認識して、踏切遮断かんが上昇してしまったものと想定されています。

なお、この問題の後、東急電鉄は池上線・多摩川線の踏切の総点検を行いました。
10/20までには必要な調整も完了しています。

おいおい!
大井町線の踏切も大田区内にあるぞ!
と指摘しました。

京急蒲田西口地区まちづくり研究会ニュース

糀谷まちづくりニュース

雑色駅周辺まちづくり研究会「ぞうしき通信」

この日は珍しくメディアの方が傍聴されていました。
「都政新報」という東京都や自治体の政治報道を行っている新聞社です。
何か記事になるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です