防災安全対策特別委員会 第2定例会, 2016年

防災安全対策特別委員会 メンバーが新しくなって実質最初の開催です。

防災安全対策特別委員会では
防災い、危機管理、地域防犯対策について議論します。
総務部におかれた危機管理室などが担当セクションになります。


今回は、定例会中ですが、議案などはなく、月例の行政報告を受けます。

●報告は6件

避難所における応急排水栓の設置

東京都水道局では、学校避難所への給水管を耐震管に取り換える作業を進めています。
今後は、避難所敷地内に応急排水栓を設置します。

応急排水栓の設置にあわせて、蛇口(2個)付のスタンドパイプも配備します。

以上は、東京都水道局の費用負担で設置されます。
平成31年度までに全ての学校避難所での応急排水栓の設置が完了します。

応急排水栓とは、
災害時等に発生する濁水の排水作業を実施するためのものです。
また、避難所における応急給水活動にも利用できます。

平成28年度大田区合同水防訓練の実施報告

5月22日(日)
多摩川河川敷丸子橋緑地にて実施

その場でできる防災訓練
-命を守る3動作-(シェイクアウト訓練)

9月1日(木)10時 訓練実
全区民・全施設を対象に訓練が行われます。

昨年からはじまった防災訓練で
災害発生時に自分の身を守る3つの動作を実践してもらい、区民の防災力向上を図ります。

{06A6325C-EA7F-4122-87D1-5C46A2DE4103}

訓練に際しては、すべての防災行政無線が最大音量で放送します。
聞こえにくいようなことがあれば、後日、防災危機管理課やお近くの特別出張所までお知らせください。

大田区国民保護計画の修正

平成19年2月に策定した大田区国民保護計画を、国民保護協議会を開催のうえ、修正します。

国民保護計画は、
外国からの武力攻撃やテロの際に迅速に区民を保護するため 国民保護法に基づき策定されています。 

蒲田消防署管内で死者が発生した火災

6月4日(土)午前1時31分 覚知(119番通報)
西糀谷3-36-1
7階建て建物の1階 新聞販売所
延焼被害 60m2
死者 1名

羽田地区における防災まちづくりの取り組み

羽田地区では町会を中心に、防災まちづくりの勉強会を行っており、
今後地区計画の導入を進めることとなりました。

羽田地区は、狭い道が多く、木造家屋が密集しているので、面的に防災まちづくりを進める必要性があります。

{8C221E47-3CF4-4D31-9BD8-ACC3E6C90DA8}

●次回の防災安全対策特別委員会は 7月19日 開催です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です